IMG_1515.jpg

chef  竹口敏樹

1977年生まれ、鹿児島県出身。映像カメラマンとして活躍していた20代の頃、偶然立ち寄った酒場で日本酒のおいしさに開眼。独学で日本酒を学び、居酒屋勤務を経て東京・四ツ谷に日本酒専門居酒屋「酒徒庵」「animism bar 鎮守の森」をオープン。料理とお酒のペアリングを追求する中で、食材の栄養、調理法による栄養素の変化、外食での栄養バランスなどに着目するようになり、自身で料理を手掛けるようになった。著書「もっと好きになる 日本酒選びの教科書」